コラム

学校の授業が聞けていない時

1月6日

成績が悪い時の原因の第一は学校の

授業が聞けていない時です。

中学生が学校の授業を聞けていないことは

珍しくありません。

きっかけは、授業がつまらないから

ということが多いでしょう。

その教科の担当の先生が苦手だからという

こともきっかけになりやすいです。

私も高校の時数学の先生が苦手でした。

誰にでも好き嫌いはあります。

 

授業中席に座っていれば学力が上がる

わけではありません。

授業中に覚えるための行動をとっているか

どうかがポイントです。

02ノートを取っている生徒より取っていない

生徒の方が、成績が良い時もあります。

ただ書き写しても頭に入らない時が

あります。(機会があればノートの取り方も

取り上げます。)

ここの見分けがつきにくいことが難しい

ところです。

まず、授業の様子を聞いてみてください。

 

アシスト志木校では、一人ひとりに

合わせて授業対策をしています。

映像授業を使って予習をすれば

学校の授業がわかりやすくなります。

 

授業からすでに遅れている生徒には

さかのぼって指導します。

同じ個別指導でもテキストの都合等で

さかのぼりが限られる塾もありますが

アシスト志木校では、小学校まででも

さかのぼって学習できます。

 

演習問題を解くことで学習の定着をはかり、こまめに学力の確認もします。

 

このように完全に一人一人に合わせた

カリキュラムで学習していきます。

だから確実に学力が伸びていきます。